ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

トケイソウ


b0325317_11583612.jpg
b0325317_12285735.jpg


去年の六月だった
雨上がりの明るい午後
いつものように 部屋を出て
いつものように 公園をひとまわりした
海も風もおだやかで
心地よい 散歩を楽しんでいた
足が止まった。
いつも通る道の垣根の中に
珍しい 花を見つけた
初めて見る花だった
シャッターを押すのを 忘れる程
いっときの間 その花に見入っていた
部屋にもどり
さっそく 調べてみたら
花の名前は
《 トケイソウ 》 別名 〈 passion flower 〉
トケイソウという名前はわかる
確かに時計のように見えなくもないからだ
passion flower 訳して ( 情熱の花 )
聞いたことがある名前だ そんな歌があったような気がした
思い出せない 出てこない
EXILE じゃないし・・・
そうだ ! ザッピーナツ だ ! (私の海馬はまだ捨てたものじゃない)
もう 五十年以上前の歌なのに
♪♪ ララララー ララララー・・・わたしの胸に ♪♪
まだ 歌える。
そんなことを考えながら Wikipedia をのぞいてみた

和名は「トケイソウ 」三つに分裂した雌しべが
時計の長針、短針、秒針のように見える特徴のある花を咲かせることに由来する。
英名 「キリストの受難の花」の意味で、イエズス会の宣教師らによって
ラテン語で flos passionis と呼ばれていたのを訳したものである。
16世紀、原産地である中南米に派遣された彼らは、
この花をかつてアッシジの聖フランチェスコが夢に見たという
「十字架上の花」と信じ、キリスト教の布教に利用した。
彼らによればこの植物はキリストの受難を象徴する形をしており、
花の子房柱は十字架、3つに分裂した雌しべが釘、副冠は茨の冠、
5枚の花弁と萼は合わせて10人の使徒、巻きひげはムチ、
葉は槍であるなどと言われた。
属名は造語だが、やはり上記比喩に倣ったもの。
なお、英単語 passion には「情熱」の意味もあるが、
この植物の名称での passion は「受難」の意味であって、
「情熱」の意味ではない 〉


情熱の花 ではなく 受難の花 だったとは
それから 一週間ほどは 散歩の度に この花に会えたが
いつの間にか 姿が無くなってしまった
それから この道を通るたびに トケイソウを思い出す
受難の日々が続いた

先週 あの垣根の中に トケイソウ を見つけた
私は 一年ぶりの再会をドキドキして 楽しみながら
ある決意をしていた

“ また 一年 会えない 受難の日々は もういい いつも そばにいて欲しい ”

そんな訳で 私は ネットで 〈トケイソウ〉の花の苗を買った
明日 その苗が届く

私は 赤いトケイソウの苗を買った
なぜなら 私にとってこの花は
〈受難の花〉ではなく
いつまでも
〈情熱の花〉であって欲しいと願ったからだ。




b0325317_12113974.jpg





by nonkei7332 | 2014-05-26 12:04 | | Comments(0)