ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

スローモーション



b0325317_14081593.jpg



野球少年だった私は
テレビで プロ野球の放送を見ながら
スローモーションの画面をかじりつくように見ていた
夢を見ることが 日常であった少年の異様な感性は
またしても 夢の世界をさまよっていた
「あんな風に 僕にも見えたなら!僕のバットは全てのボールを真芯でとらえて
ホームランが打てる!」
夢想は 妄想は あまりにも 見事に崩れていく
ピッチャーの手を離れたボールは
まるで ハイスピードカメラのように
私のバットを擦りもせずに
キャッチーミットの中に吸い込まれていった

あの頃から もう たくさんの時間が私のそばを通りすぎていった
あっという間もなく ハイスピードカメラのように
スローモーションとは まったく無縁な
私の人生だったような気がする

そんな私が 週に三日のプール通いを始めた
プールに行くなど 何十年ぶりのことだろう
目的は 2020年の東京オリンピックではないことは確かだ
ただ 歩くだけの健康管理に変化が欲しかっただけの
単純な動機だったのだが
思いがけなく これまで経験したことがない感覚を感じている
それは 私には まったく無縁であった あの
スローモーションの世界だ
水の中を歩く感覚は
大袈裟に言えば
雲の間を 風に身体を任せて 空を漂うような快さだ
水の中を歩く速度を測った訳ではないが
およそ 秒速50cm
聞くところによれば
無風状態で 桜が舞い落ちる
無風状態で牡丹雪が舞う速さが
秒速50cm だといわれている
日本人がもっとも快い感性を感じれる速さ
自律神経の副交感神経が穏やかに作用して
身体をゆったりとリラックスできる状態も
この速さなのかもしれない

とにかく
ゆっくり 動くこと
そして ゆっくり 呼吸すること
生き急ぐこともなく
物事にとらわれることなく
残された時間など気にかけることもなく
スローモーションで
今 好きなことをする
そう 誰かが言っていたが
新幹線の窓口で
列車を探す心境であればいいのだと思う

『 ひかり は ないが のぞみ はある 』



b0325317_14120267.jpg




by nonkei7332 | 2014-05-09 13:59 | 日記 | Comments(0)

by ヒサミツ