ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

漢 女(あやめ)


b0325317_18314489.jpg
花菖蒲(はなしょうぶ)の花




『 いずれ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)』
菖蒲や 杜若の花がよく似ていて 区別がつかないことから
このようにいわれているが
たしかに 花菖蒲(はなしょうぶ)と菖蒲(あやめ)は違う花だし
杜若(かきつばた)も違う花だし その見分けはとてもつけにくい

今日は 五月五日の端午の節句
今は「こどもの日」になっているが
もともと 端午の節句は 奈良時代に中国から伝わった風習で
季節の変わり目である端午の日に薬草摘みをしたり
蘭を入れた湯を浴びたり 菖蒲を浸した酒を飲んだり
厄よけに菖蒲や蓬で作った人形を軒下に下げたりして
邪気を祓ったりしたという
この時使った菖蒲は
実は 綺麗な花をつける これらの花とはまた違う種類の植物なのだ
一般には菖蒲草(しょうぶぐさ)といわれている
万葉集にでてくる「アヤメグサ」もこれと同じものだ
整理すると 四種類の あやめ になる
・はなしょうぶ(花弁の元が黄色の目型模様)
・かきつばた (花弁の元が白の目型模様)
・あやめ(花弁の元が網目模様)
・しょうぶくさ(節句用、花は黄色で筒状)
かなりややこしい話だ

奈良時代に中国から渡来した女性たちが朝廷に仕えていて
漢女(あやめ)と呼ばれていた
彼女たちが端午の節供に用いた草を
「あやめ」と呼ぶようになったと言う説もある
漢女をあやめと呼んだもうひとつの理由は
花弁の元の濃い黄色の美しい目型模様からきていて
これは 彼女たちの目尻を強調したアイシャドウのような化粧が
「あやめ」の花のように見えたからだという

漢女達は 機織や養蚕 染織などの貴重な技術を
この国にもたらしてくれた恩人達なのだ

遠く故郷を離れて
荒海を越えて来た 漢女(あやめ)達の魂は
今もなお 女神となって 祀られていて
この国の子供達を護ってくれている
菖蒲(あやめ)の花を見る度に
私達は 報恩と感謝の祈りを忘れてはならない。

b0325317_19133449.jpg
菖蒲(あやめ)の花






by nonkei7332 | 2014-05-05 18:48 | | Comments(0)

by ヒサミツ