ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

風 信 子(ヒヤシンス)

b0325317_06101725.jpg



ちょうど 50年前
東京オリンピックがあった年
私が 小学校卒業の時の話だ
木造校舎の二階の教室だった
窓際の前から 三番目が私の席で ひとつ前の席が
ヒロシの席だった
ヒロシのあだ名は〈ポッキン〉
いまにも折れそうな位 痩せていたから
みんなからそう呼ばれていた
いつも ニコニコしていて 優しい無口な男の子だった
ある日 ヒロシはノートいっぱいに 〈風信子〉という字を書いていた
私が 「誰の名前?」と聞くと
ヒロシは「違う」と言って 急いで ノートを閉じた
私は 前の黒板までいって 大きな字で 〈風信子〉と書いた
その時 担任の先生が 教室に入ってきたのだ
「席につきなさい」 の一言で
字を消すのもできず そのまま席についた私に
「これは なんの名前ですか」と先生は聞いた
「それは ヒロシ君の好きな女の子の名前だと思います」と
とっさに私は答えると 皆んながどっと笑った
「どうして そう思うの?」 先生は重ねて私に聞いた
「だって ヒロシ君がノートにびっしり書いていたからです」
というと またしても どよめきが 教室中に響いた
「静かに」 先生はそう言って
ニコニコしながら ヒロシに言った
「ヒロシ君 可愛い名前ね」
ヒロシは 真っ赤な顔をして立ち上がると
「ち 違います」 と答えた それが 精一杯だった
先生は 黒板に向かい 私が書いた 白墨の字の横に
黄色いチョークで 〈ヒヤシンス〉と書いて
「この名前は人の名前ではなくて 花の名前です」
「ヒロシ君 よく知ってたね」と先生はヒロシにむかって言った
ヒロシは 真っ赤な顔を また真っ紅にして 下を向いていた
私はヒロシの背中を突ついて
「ポッキン ゴメン」と小さな声でいうと
ポッキンは 下を向いたまま 小さく 頷いた


b0325317_09293916.jpg



《 遠い昔のギリシャの話 》

ヒュアキントスはスパルタ生まれの美しい少年だった。
アポローンと 西風の神ゼピュロスの二人は競って
ヒュアキントスの気を惹こうとしたが、
彼はアポローンとばかり仲良くしていた。
ある日、仲良く円盤投げを楽しんでいた時、
アポローンの投げた円盤がヒュアキュントスの頭に当たり、
ヒュアキントスは死んでしまった。
西風の神ゼピュロスが二人の仲睦まじい様子を空から見て嫉妬し、
円盤の飛ぶ方向を西風で狂わせてしまったからだった
アポローンは嘆き悲しみ 溢れ出た少年の真っ赤な血の中から、
赤い花が咲いた
人々は この赤い花を少年の名にちなんで
ヒュアキントス(ヒアシンス)と呼ぶようになったと言う。






by nonkei7332 | 2014-04-15 09:31 | | Comments(0)