ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

一 願 成 就



b0325317_00513282.jpeg
華厳寺(鈴虫寺)


生まれて初めての 入院だった

半身不随のリハビリ療養が半年続いていた

そんな 辛い日々の中でも

嬉しいこともある

京都に住む 次男の嫁が 送ってくれたのは

京都洛西の 鈴 虫 寺(華厳寺)

一願成就 の御守りだった。 

鈴虫が一年中鳴いているというこの寺の御守りは

ひとつだけ願いを叶えてくれるという

京都では有名な パワースポットらしくて 

一年中 人が絶えないという

添え書きには

早く良くなって 御礼を返しに 京都まで

来て下さいねと書いてあった

(去年の秋 無事にお札を納めに 鈴虫寺に行くことができた)

入院患者の多くは リハビリ以外の時間を 

本を読んだり 患者同士でおしゃべり などをして 過ごすのだが

私は いつも 屋上に行って 好きな歌をヘッドホンで聞きながら

流れていく 浮浪雲を追いかけていた

そんなある日 いつものように屋上にいると 

ケアスタッフの Sさんが近づいてきて

『いつも 音楽 聞いてますね』 と話しかけてきた 
 
聞くと 彼は ライブなどもこなす ミュージシャンだという

それから 話が盛り上がり 退院までに 一曲だけ 

私が詩を書いて 彼が曲をつけるという話が出来上がっていた

後日 私は彼に <セピア通り> <一願成就> という二つの詩を渡した


〈セピア通り〉は香椎駅前の通りの名前で せつない青春の別れを書いた詩

〈一願成就〉は 鈴虫寺の御守りをイメージした 大人の哀しい別離の詩


退院間際に Sさんから渡されたCDは <セピア通り> だった






  《 一 願 成 就 》


( 通りゃんせ 通りゃんせ)

  百十日の幽かな命に

  鳴けるのは 最後の二十日だけ

  そんな 鈴虫が

  一年中鳴いているからと

  どんな願い事も叶うからと

  あのひとが 鈴虫寺のお札を送ってくれました

  願った事は ひとつだけ

  あの人に もっといい人

  見つかりますように

  洛西の 竹林から 吹く風は 比叡の祈りをのせて

  桂の水面を揺らします

夕霧が秘めた想いの 藤袴の花

  今年も咲いてくれましたか


月が渡った橋なれど 渡れぬ恋を責めますか

    
  あれから もう三度目の秋

  百十日も泣くのはいやだから

  二十日だけ泣いて

  お札を納めにまいります


  もう くる事もない この街の

  錦市場でみつけた ちりめん山椒

  母へのみやげに 買いました


  叶えた願いはひとつだけ

  あの人に もっといい人

  見つかりますように

〔 通りゃんせ 通りゃんせ ここは どこの 細道じゃ)


b0325317_11520176.jpg
天龍寺の藤袴の花


『 源氏物語 』二十八帖 「藤袴」 光源氏37歳秋の話

夕霧(光源氏の息子)が玉鬘(たまかずら夕顔の娘)に送った歌がある


《 同じ野の 露にやつるる藤袴 あわれはかけよか ことばかりも 》


(訳) : 私は あなたと同じ 野で露に濡れる フジバカマ なのです

かりそめにでも あわれと 言葉をかけて下さい

(註釈) : 光源氏の使いで 夕霧が玉鬘を訪ねた際に 

藤袴の花を送って 秘めた想いを伝えたという 

しかし 玉鬘は相手にしなかった

源氏の所へ帰った夕霧は 世間では 源氏が

玉鬘を側室の一人にするつもりだという噂がひろがっていると言って

その真意を鋭く追求したとの話がある






by nonkei7332 | 2014-04-05 14:18 | 日記 | Comments(0)