ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて

能古島(のこのしま)


博多湾に浮かぶ 能古島に
韓紅(からくれない)の夕陽が落ちていく

b0325317_10314560.jpg

      つきせぬ波のざわめく声に 今夜は眠れそうにない


      浜辺におりて裸足になれば 届かぬ波のもどかしさ


僕の声が 君に届いたら すてきなのに


 



井上陽水は この島を片想いの島にしてしまったが
多くの若者達 は この島で一日を遊び
そして 散りゆく花を惜しむように
短い春の中で 恋に落ちていった




b0325317_10415441.jpg


《 沖つ鳥 鴨とふ船の 帰り来ば 也良の防人 早く告げこそ 》
(万葉集16巻3866)

〈訳〉: 沖に棲む鳥の鴨という名の船が帰って来たら、也良の崎守りよ、
早く知らせておくれ。

也良の崎守りとは 能古島の東端の 也良岬にあった
防人(さきもり)の駐屯地のことである
この歌は、
対馬への防人の食料運搬中に遭難した志賀島の船乗り・荒雄の死を悲しみ
筑前守 山上憶良がつくった 歌だといわれている



b0325317_11242803.jpg


《 風吹けば 沖つ白波 恐みと 能許の亭に 数多夜ぞ寝る 》
(万葉集15巻3673)

〈訳〉 : 沖では風が吹いて白波がたち、この白波が恐ろしく能許の泊りに何日も
泊まっている

天平八年(736)、新羅を目指した遣新羅使一行は、
筑紫館(後の鴻臚館)を出発したが 荒れ狂う海の前に
韓亭(別称能許の亭、現在の唐泊)で
何日も風待ちの不安な夜を過ごしたという


写真は
香椎かもめ大橋の上から 能古島を写した 夕暮れの海三景である

わたつみ(海神)の海に横たわる この島はいつも美しい
多くの悲しみと祈りを 紅く染めて
やがて 磯良の海は静かに 夜の帳(とばり)に下りていく








by nonkei7332 | 2014-03-24 12:36 | 万葉集 | Comments(0)

by ヒサミツ