ブログトップ

《 磯 良 の 海 》

hisamitsu.exblog.jp

磯良の海に想いを寄せて




b0325317_04245876.jpeg



ひおうぎ (檜扇) の 花です



とても 清楚な品格がある 花です



名前の由来は 扇のような 葉にあります



b0325317_04254983.jpeg



花が落ち 実がなって 実の周りの 殻が剝げ落ちると



中から 真っ黒な 光沢に包まれた 種子 現れます



これが ぬばたま (射干玉) と 呼ばれているものです




b0325317_04261675.jpeg



万葉集には 枕詞としての 〈ぬばたま〉が使われています



枕詞とは 和歌において 特定の語の前に置いて語調を整えたり



ある 種の情緒を添える言葉のことをいいます



〈ぬばたま〉は 〈夜〉〈黒〉〈髪〉などに 掛かる 言葉です



なんと その数は 80首もあります



〈夜〉を詠った歌が 52



〈黒髪〉を 詠った 歌が 15 あります





《 ぬばたばの 黒髪変わり 白けても 痛き恋には 逢う時ありけり 》


万葉集 40573 沙弥満誓(さみまんせい)



黒髪が白くなって(年をとって)も


せつない想いに出会うこともあるのですね


観世音寺の初代管長であった 沙弥満誓が


大伴旅人(おおとものたびと)が都に発った後に送った歌です


〈ぬばたま〉は 黒髪に掛かる 枕詞です




居明かして君をば待たむ ぬばたまの 我が黒髪に霜は降るとも


万葉集288 磐姫皇后(いはのひめのおほきさき)



私はここで朝まで待っています、たとえ私の黒髪が白くなっても


仁徳天皇の妻 磐姫 の歌です 嫉妬に狂う女心 です


コワイ ですね。


   



《うつせみの 人目繁げくは ぬばたまの 夜の夢にを 継ぎて見えこそ》


万葉集 12 3108 読み人知らず



世間の人目が多いと嘆かれるのなら 夜毎 私の夢の中に 見えてくださいな


〈うつせみ〉 人に掛かる枕詞


ここでの 〈ぬばたま〉は 夜に掛かる 枕詞です





b0325317_04374343.jpeg




今年も 冬の 女性の髪の流行は


「黒髪」「ロング」「ストレート」だそうです


クリスマスは ヌバタマガール 》が


街中の男達の視線を独り占め にしそうですね







# by nonkei7332 | 2017-11-17 08:17 | 万葉集 | Comments(0)


b0325317_02030671.jpeg





この 〈てのひら〉で つかんだもの ・・・



この 〈てのひら〉で 感じた 温もりは ・・・



この 〈てのひら〉で ぬぐった 泪 は ・・・




昨日までの 私の 昔話



そんな ページ をめくると



こんな 〈てのひら〉 出てきました



まっすぐに 伸びない指 しわだらけ ぶかっこうな



けっして きれいな 〈てのひら〉 ではありませんが



明日からの 私に 残された 季節の中で



これから 起こりうる ひとつひとつ 物語を



この 〈てのひら〉に 重ねて いこうと思います



最後のページ



子供達 「ありがとう」と 言ってもらえるような



そんな 〈てのひら〉に したいものですね





b0325317_01492149.jpeg




先日 素晴らしい お話 聴けました



高橋亜美 (mon)さん 感動 ミニコンサートでした



キレイで あったかい 高橋さんの声 は



今でも 耳に残っています。










《高橋亜美 (mon) さんの プロフィール》



糸島市に在住。 二人の子どものお母さん。



叔父の「にしきの あきら」に憧れて



幼少の頃から歌手になるコトを決意。



在日韓国人や ADHD(注意欠陥多動障害)であるがゆえの



イジメられた経験。



子を亡くした悲しみや 体外受精を体験したからこそ気付けた



「いのち」の大切さなどを 歌と語りで伝えます。



現在は小中高等学校 ホールを中心に



年間 約150箇所で コンサート活動を展開中。



「うまれてきてくれて ありがとう」をテーマに



親から子どもへの愛情や想いを届けています。











# by nonkei7332 | 2017-11-07 09:10 | 日記 | Comments(0)


b0325317_11262984.jpeg




真鍋大覚さん 「灘の國の星 拾遺」



記事の中で 何度か 引用させて頂いていましたが



今回 絶版 となっていた 「灘の國の星」が 再版されました



初版が 昭和57331 となっています



「灘の國の星 拾遺」の方は 昭和60330 が初版です



欲しかった 本でしたので こうやって 二冊並べてみると



嬉しさがこみ上げて来ます




読みこなすには かなり 難解な 本ではありますが



処処に エッと思うような 初めて知る 知識が散りばめられています



それは まるで 夜空を 埋め尽くした 星の中から



ひと光の 自分の星を見つけたような 喜びでもあります




この本との出会いは



ブログ『ひもろぎ逍遥』の 綾杉るな さん との出会いでした



真鍋大覚の世界を ブログの中で 勉強会の中で



数多く 教えていただきました



実は 「灘の國の星 拾遺」を 手にしたのも 綾杉さんから



那珂川町の図書館に まだ 在庫があるかもしれませんよ と



入手の仕方まで 教えていただいたからです



しかし 「灘の國の星」は何処にもありませんでした



那珂川町 に 再販を 強くお願いしておられたのも 綾杉さんでした



真鍋大覚研究の第一人者である 彼女が



「真鍋ノート」という 項目別の ファイルを作っておられるのを



知っておりましたが 最近 ブログ「ひもろぎ逍遥」の中で



「真鍋ノート」を 公開されているの知りました



愛読者として 嬉しい限りです





秋の夜長 ジャスミン茶 飲みながら



遠く 古代の人々の 星に託した 祈りの世界に 想いを馳せる



私の 至福の刻 でもあります





b0325317_11274469.jpeg
真鍋大覚 氏 の プロフィール






# by nonkei7332 | 2017-11-04 12:23 | 古代史 | Comments(0)



b0325317_13290355.jpeg
台風一過 今朝の青空




台風一過 福岡に青空が戻ってきました



秋天とは 秋の空のことです



男心とか 女心とか そんなことはどうでもいいのです



澄み切った 青い空 バックに 似合うのは



やっぱり 花でしょうか





b0325317_13302899.jpeg

b0325317_13465467.jpeg


木立ちダリア 〈み空色〉の青空に 楽しそうに咲いています



〈み空色〉は 明るく澄んだ 薄い青色のことです



天色 (あまいろ) とも言うそうです





b0325317_13310449.jpeg


b0325317_13472734.jpeg


紅いブーゲンビリア 〈紺碧〉の青空に嬉しそうに咲いています



紺碧 (こんぺき) 深く濃い 青色のことです



紺碧の空 って こんな のことでしょうか





b0325317_13313469.jpeg





寒椿 秋の空 誇らしげに 咲いていました



京都東山 鳥辺野 を歩いた時の ショットです





b0325317_13320610.jpeg





紅葉 (もみじ) 秋の空に 鮮やかに 輝いていましたw



奈良 信貴山 での ショットです





b0325317_13330423.jpeg


b0325317_13482913.jpeg




青の色にはいろんな 青があって



いろんな 名前が付けられています



〈勿忘草色〉(わすれなぐさいろ) 染まる 夜明けの空です





b0325317_13343722.jpeg



紫色を帯びた 暗い青色を 〈花紺青〉(はなこんじょう)といいます



プルシアンブルー ともいいます



安全地帯 の「プルシアンブルーの肖像」という歌を知ってますが



こんな だったんですね





b0325317_13350901.jpeg



少し緑がかった 鮮やかな 青色は 〈花浅葱〉(はなあさぎ)といいます



さだまさしの 「精霊流し」の 中に こんな詩があります



「あなたの愛した母さんの 今夜の着物は浅葱色(あさぎいろ)」



こんな だったんですね




b0325317_14302545.jpeg




深まるごとに 色づいていきます







# by nonkei7332 | 2017-10-24 14:25 | | Comments(0)


b0325317_22571583.jpeg
那珂川 と 背振山





遠い記憶です



季節 は 晩秋



朝早く 起きて 庭にでると 霜柱が立っていました



民家の屋根の上から 《背振の山々》が見えます



山頂付近には 雪が降ったのでしょう 白く輝いていました



背振 白くなると 雪が近いぞと 冬支度を急いだものです



背振山 私の原風景のひとつです





b0325317_22582789.jpeg
比叡山 延暦寺



これまで 私は



〈比叡山〉〈信貴山〉〈英彦山〉〈国東〉と



神仏習合の霊山を訪ねてきました



いずれも 修験道の霊場でもあり 山の神が御座する



《なにごとのおわしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼれる》と



西行法師 が歌ったような 聖地でした



年内 には 白山 (石川県) 行く予定にしています



これらの地を訪れるたびに思うことは



仏教伝来 神仏習合 以前には これらの地には どんな神が



祀られていたのかという 素朴な疑問でした



そんな中でも とても気になる 存在が 在ります



それは 白山 です





b0325317_22593977.jpeg
白山市 から見た 白山の山並み




遠い昔 この国の住む人々の前に



南の海を越えて渡来してきた がいました



人々は それらの民を客人(客神) と呼びました



幾たびとなく 訪れる海人達 船を操り わずかな平地で稲を植え



海岸線伝えに 多くの村を作っていったのでした



多くの海の幸をもたらした 《海の神》です



やがて 北の海を渡って 鉄を作る 客人(客神)たちもやってきました



山に入り 鉄をつくり 里に降りてきては 鍬や鎌の農具を



そして 山の幸をもたらした 《山の神》です





b0325317_23141684.jpeg
百嶋 系図




白山 とは 白き神の住む山 です



白き神 《菊理姫》(くくりひめ) 《白山姫》(はくさんひめ)と



呼ばれる 女神でした



百嶋説 》は 菊理姫 天御中主神 (アメノミナカヌシノカミ) だとします



古事記 には まだ 天地も定まらず 混沌とした時に



最初に現れた 宇宙根源の神だと書かれています



造化三神 と呼ばれる もっとも最初に出てくる中心神です



それに 続く 二神は



高皇産霊神 (たかみむすひのかみ)



神皇産霊神 (かみむすひのかみ) です



《百嶋説》では 高皇産霊 高麗 大伽耶国の王 高木大神 とします



神皇産霊 倭の奴国王 櫛田の神 大幡主神 とします




系図を見るとわかるように



天御中主 大幡主 の伯母にあたります



主(ぬし)の神々 白族 と呼ばれ



豊玉彦(豊玉主) 大国主 事代主 なども 博多を中心に展開した



あの 奴国 (春日市 那珂川町) の神々 なのです




百嶋研究家 の中には 天御中主 〈中〉は 那珂川の那珂 ではないか



という説を言われる方もいます そうだとすると



天御中主・菊理姫・白山姫 の坐した山とは



那珂川 の水源の 背振山 なのかもしれません





真鍋大覚 さんは 『儺の国の星 拾遺』の中で



〈儺〉或いは 〈奴〉は 夏を知らぬ残雪の形容であり



花の白さの形容である また



倭人伝に出る 奴国、日本書紀に出る 儺縣(なかのあがた)の



“ぬ“ “なか” 韓語 nun(ヌン) 即ち 〈雪〉或いは



霧雲の過冷却状態 即ち 〈霧氷〉のことである



と書かれていて



かつての 背振山 かなり雪深き 白き山であったようです



古い記録によれば 背振の雪が 6月まで残っていたともいいます





石川県の白山連山 朝鮮半島の北にある 長白山(白頭山)



古代 倭人 移り住んだ 土地から見えた だったのかもしれません



故郷 奴国 にそびえる 白き山 背振山 を偲んで



つけた 名前ではなかったのか





b0325317_23020707.jpeg
東山魁夷 『 白い朝 』





私の 海馬の奥深く眠る 記憶は



幼き頃の 背振の景色 と 古代 白き神の住む山を



繋いでしまったようです




菊理姫 の里 》それは 背振の山々 だったのです











# by nonkei7332 | 2017-10-19 23:46 | 古代史 | Comments(0)